似顔絵のオルガティオ(ジョヤとオーロラの城)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ジョヤとオーロラの城 その6(完)

それから半日がすぎたころ、

二人はへとへとになっていました。

しかしまだ半分ほどしかきていません。

夕日は沈み寒さも勢いをましてきました。

その時ジョヤたちの頭上に雹がふってきたのです。

二人はにげるばしょもなければ

動くこともできません。

ジョヤはその時言いました。

ドルチェに雹が一粒でも当たれば

ひとたまりもないぞ!

ドルチェ!僕のポケットの中に隠れるんだ!

そう言った瞬間ドルチェに雹がぶつかってしまったのです。

いてっ!ドルチェは叫びました。

ドルチェの小さな羽がおれてしまいました。

ジョヤはドルチェの上にかぶさり

雹が通り過ぎるのを待ちました。

しばらくすると雹は何ごともなかっように

通り過ぎました。

ドルチェは悲しそうに言いました。

おいらはもうダメだ。

これじゃあ足手まといになる。

おいてってくれ。

ジョヤはなにもいわずドルチェを両手の平で

大事そうに包み込み

螺旋階段を上のほうへと登って行きました。

そしてあと半日がすぎたころ

ようやく頂上に登り詰めたのです。

すると二つの頭をもつ竜がそこにいました。

竜は言いました

私たちの名はマーサとカーサ

百年に二つだけ私たちは願いを叶えることができます。

私たちが前に願いを叶えたのは

152年と3ヶ月と10日前、

あなたちの願いを二つだけ叶えましょう。

ドルチェは死にそうな声でいいました。

おいらは元の猫に戻ってもおれた羽は元には戻らない。

前のように木登りしたり

塀から飛び下りたりできないんだ。

だから蜂のままで竜には羽だけを治すように

たのんでくれ。「そうなのです。」

叶えられる願いは二つだけ、

ジョヤとドルチェがもとどおりに戻っても

羽は治りません。

ドルチェはジョヤだけをもとどおりにして

ドルチェは蜂のままで

羽だけをなおすようにと言っているのです。

ジョヤは言いました。

マーサさんカーサさん今から願いごとを言います。

僕の親友のドルチェは今大変な怪我をしています。

さっきの雹で羽がおれたのです。

それを治してやってください。

竜は虹色のオーロラを口から吹き付けました。

するとあらふしぎ、

ドルチェの羽がみるみる直り元の元気なすがたに戻りました。

そして次の願いは…

ジョヤは言いました。

ドルチェを元の猫のすがたにもどしてやってください。

竜はドルチェに虹色のオーロラを吹き付けました。

するとあらふしぎドルチェは元の猫の姿に戻りました。

ドルチェは言いました。

ジョヤこんなことをしたらジョヤは人間に戻れないんだよ!

ジョヤは言いました。

ぼくは 妖精のままでも幸せだよ。

父さんの畑も月の粉雪を振りまいて

豊かな畑にすることが出来るかもしれないし、

妖精たちと一緒に村の自然を守って行けるんだから。

ドルチェは泣きながら言いました。

ジョヤぼくはむかし捨てられてみなしごの猫だったんだ。

でも君と出会えて本当に幸せになれた。

これからもずっといっしょだよ。

するとジョヤたちの上にオーロラが光り輝き

暖かい光が二人を包みました。

そしてオーロラの女王が表れました。

オーロラの女王がは言いました。

世の中には煩悩がうごめいています。

その煩悩こそが人に不幸をあたえるのです。

そして煩悩に打ち勝つには

あなたちのような深い愛が世界中に必要なのです。

あなたちのその愛のエネルギーが

人々を幸福へと導いてくれるのです。

するとジョヤのからだから無数の月色の光が溢れだし

世界中に飛んで行きました。

するとその光の一つ一つから鐘のような音が

響き出したのです。

そしてその音は108回を向かえた時、

金色の光がジョヤを包みました。

するとあらふしぎ

ジョヤは人間へともどっていたのです。

そしてしばらくすると太陽の光が東から登ってきました。

もうおわかりでしょう。

この日は元旦だったのです。

オーロラの女王は言いました。

どうやらあなたたちのおかげで

世界中の煩悩が一つ一つ癒され消えてくれたようです。

ただ煩悩は人間から必ずまた出てきます。

だから世界中の一人々の行いが大切なのです。

それから女王は天に手を上げると

南の空の方から大きな極楽鳥が飛んできました。

女王は言いました。

あなたたちの村にこの極楽鳥が送ってくれます。

いっこくもはやくあなたのお母さんとお父さんに

元気な顔を見せてあげなさい。

そう言うと女王は手に持っていた袋を渡しました。

これはいばらの妖精たちがジョヤのために

集めてくれた月の粉雪です、

持って帰りなさい。

ジョヤはそれを受け取りました。

極楽鳥は大きな丸太にブランコを下げて飛び上がりました。

ジョヤたちはそれにのってエターナ村へと帰って行きました。

エターナ村ではジョヤたちが

どうしても見つからなかったので

村は悲しい空気で静まり返っていました。

ジョヤのお父さんとお母さんは

村の中心にある女神像の前で

ひたすら祈りをささげていました。

ああ女神様ジョヤをぶじでお守りください、

私たちはどうなっても構いません。

一人息子のジョヤだけはお守りください。

二人は泣きながら祈りをささげていました。

するとその上から大きな極楽鳥が

飛んでくるではありませんか。

ごっ、ごくらくちょうだ!

極楽鳥は幸せを運んでくれると言うぞ!

もしやあれは!

お父さんみて!あれを!

お母さんは慌てて指を指しました。

そうです、

極楽鳥が下げているブランコに

ジョヤとドルチェは揺られながら

帰ってくるではありませんか!!

村の人達もいっせいに集まってきました。

お祭りの始まりです。

ジョヤはお父さんとお母さんに抱き付きました。

心配したのよ。でも無事でよかった。

ジョヤはお母さんに心からごめんなさいと謝りました。

ジョヤは持っていたいばらの妖精たちにもらった

袋をお父さんに渡しました。

お父さんはびっくりです。

これは伝説に聞いていた月の粉雪じゃないか!

なんてことだ!

これで畑の穀物も立派にそだってくれるぞ。

ジョヤありがとう!

村の人達も大喜びです。

それからと言うものジョヤたちの村は


活気に溢れ幸せが永遠に今でも続いているということです。

その時から大晦日には108回の鐘を

たたいて煩悩を追い払うと言う風習が出来たそうな、

それをジョヤの鐘(除夜の鐘)

と人々は言い伝えているのだそうです。

これでお話はお終いです。

おしまいおしまい


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012年07月15日(Sun)02:22 [EDIT]


 
 

トラックバックトラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


【 オーロラ 】について最新のブログの口コミをまとめると

オーロラに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 [続きを読む]

プレサーチ / 2007年09月26日(Wed) 13:35


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。